【27日目】ウランバートルのゲストハウス事情

モンゴル・ウランバートルで3箇所のゲストハウスに泊まったので、これから来る人がいれば何かの役に立てばうれしい。料金は季節によっても違うので、あくまで僕らが泊まったときの参考価格だと思って欲しい。

Nassan’s Guesthouse

料金:$10 

非常に静かなゲストハウスでたまたまかもしれないが、他の旅人に会うこともなく、ほとんど貸切状態。朝御飯がつかず、値段も割高だからだろうと思う。ただ、とても快適なので、体を休めるには良い宿だと思う。

オーナーのNassanはとても、とても、とても親切で、親切過ぎて、鍵の回し方1つでも4~5回は説明しないと気が済まない。「鍵は出っ張った方を上にして、右に回すの、右よ、右、分かる? 左じゃなくて、右に回すの。さぁ、やってみましょうか? そうよ、右に回すの」という具合。その親切心が、鍵穴にこんなメモまで貼らせたのだろうナ。

鍵はleftじゃなくてrightに回すのよ、分かる? お箸を持つ方……笑

鍵はleftじゃなくてrightに回すのよ、分かる? お箸を持つ方……笑

Golden Gobi Guesthouse 

料金:$7

 

なぜかこのGolden Gobiゲストハウスだけ塗り分けられてる。

なぜかこのGolden Gobiゲストハウスだけ塗り分けられてる。

ゲストハウスらしいゲストハウス。いつもバックパッカーがでたり入ったりしていて、リビングルームでは旅人同士の情報交換も盛んだ。ここも十分にキレイだとは思うが、他に泊まったNassan’s GuesthouseとUB Guesthouseと比べると、少し埃っぽいかな。朝御飯でパンとコーヒーが出るのだが、いつもそれを山ほど食べてた。

日本語が少し話せるスタッフがいるらしいが、僕らは全部英語でやり取りしていたから、その実力は不明。

旅人同士やスタッフとの交流が好きな人はぜひGolden Gobi Guesthouseに行ったら良いだろう。

UB Guesthouse

料金:$6 (7月から$8)

ここは料金が安く、朝御飯もつき、旅人の出入りも多く、交流も楽しめる。個人的には今回泊まった3つの中では一番好き。旅人やスタッフとは適度な距離感があり、一人でいたい人、わいわい交流したい人がうまく共存できる感じ。

シャワーやトイレもいくつかあり、過ごしやすかったな。本当はここにずっといたかったくらいだけど、予約でベッドが埋まり、延長できず仕方なく他の宿に移った感じ。

LG Guesthouse

料金:$10

ウランバートル中でお湯が出ない中「お湯が出た」というだけで、高評価! 冗談はともかく、スタッフの対応も親切で、部屋も快適。僕らもそうだが、ウランバートル駅に近いので、翌朝早い電車に乗る人が泊まることが多いのかも。朝食もつくが、スケジュール上、試すことができず。

ブログランキング・にほんブログ村へ