【79日目】地図も持たずにガイドブックにない町Buolへ。

  • Toli-Toli_to_Gorontalo

Toli-Toliというスラウェシ島の北西部に位置する町で数日間を過ごしたのち、北東に位置するスラウェシ島の代表的な町であるManadoを目指して、まずはToli-ToliとManadoの中間に位置するGorontaroへ移動することにした。Gorontaloでトレッキングをした後で、Manadoで浜辺遊びをしようという狙いだ。

ところがこの移動が思ったよりも大変だった。

費用節約とチャレンジ精神が相まって、ヒッチハイクで移動することをまず考えた。Toli−Toliで行動を共にしていたドイツ人カップルも同じことを考えてことで、背中を押されたのだと思う。いろいろ考えて、車の出入りが多そうなToli-Toliの市場の前で「Gorontalo」と書いた紙を持って、車を待つがうまくいかない……。 というか、車が来ない! ゼロではないが、やはり少ない。時々通るのはいわゆる乗合タクシーのみ。

その誘いを断りながら車を待っていると、いつのまにやら周りは人だかり。初めて見るヒッチハイクに興味津々なのだが、「ヒッチハイクなんて無理だよ」という雰囲気の言葉をかけてくる(インドネシア語が中心でよく分からなかった)。

そんな中、目の前に1台の車が止まる。
「Gorontalo?」とドライバー
「お金ないけど大丈夫?」と英語とインドネシア語で訊ねる僕ら。
「OKOK」

さっそく荷台に荷物を積み、後部座席へ乗り込む。椅子に深く座って安心する僕ら。「思ったよりも簡単だったね」と笑い合っていた。しかし走り始めて5分と待たず車が止まった。そして目の前にあるのは、乗合タクシーのオフィス。なんとこのドライバーは英語がまったく分からず、Gorontaloに行きたいという意図だけ汲んで、自分が働く乗合タクシーに案内してくれたのだった。ヒッチハイクそのものが非常にマイナーな土地なので仕方がないが、あまりにも乱暴じゃないか。

しかし、あまりの車の少なさに、このままヒッチハイクを続けてもダメそうだと判断し、結局この乗合タクシーにお願いして送ってもらうことにした。料金も高くはないので、金銭的には痛くないが、悔しい経験だった。ともかくこうして初めてインドネシアの乗合タクシーに乗ることとなったのだが、その料金体系が面白い。どこの乗合タクシーでも同じ仕組みだったので、行く人は覚えておこう。

まずこの手の乗合タクシーは8人乗りの四駆が多い。運転席含め2人が乗れる最前列が最も高く、3人乗りの1つ後ろの席、更にその後ろの3人乗りの席、と段々と安くなる。簡単に言えば前に行けば行くほど高いのだ。これはつまり快適さに依存する。僕らは当然――だって、貧乏なバックパッカーだから――1番後ろの席を選んだ。

さて、そんなわけで夕方出発する乗合タクシーで僕らはGorontaloへと向かって車は走り始める。

Toli-Toliを離れ、あっという間に車は海岸と山に挟まれた曲がりくねった道へと入った。そのうねり具合はと言えば日光の<いろは坂>など相手にならないものだ。急な上り坂と下り坂をくり返しながら、それが左右に折れ曲がる。1番後ろの狭い席で僕らは揺れる車に合わせて右へ左へと為す術も無く体を揺らすしかない。「ああ、そりゃ四駆の車が多いだろうよ……」と窓の外を流れる悪路にため息を漏らす。

もともと軽い食あたりで体調が良くなかったことと、酷い道の運転からくる車酔いで僕らは完全に戦意喪失していた。Miaは3時間の間に4回吐き、その度に車を止めてもらうのを繰り返した。……これ以上は耐えられない。貧乏旅、節約旅ではあるけれど、だからと言って苦痛を我慢するのもバカらしく、僕らはドライバーに頼んで、適当なホテルで降ろしてもらうことにした。

ドライバーは英語が話せないものの、身振り手振りでコミュニケーションが取れ、凄く親切にホテル探しと空室確認までしてくれた。悪路は彼のせいではない。悪いのは道だ。

こうして、僕らは真夜中に名前も知らない小さな町のホテルに潜り込んだ。インドネシアの地図も持っていない。インターネットもない。もしかすると人生で最も「今どこにいるか分からない」状況に陥ったのかもしれない。

IMG_1250

Buolの町

この町には観光客が来たことなどほとんどないだろう。Lonely Planetにも地球の歩き方にも載っていない。外を歩けば埃でざらついた道が伸び、そこを時折荷物を引いた馬が歩く。

翌朝、人に訊ねて教えてもらったその町はBuolだった。


<旅の豆知識>

  • Toli-Toli含めスラウェシ島の主要都市(ガイドブックの地図に載っているような都市)はほとんど記事に書いた四駆の乗合タクシーで繋がっている。
  • 乗合タクシーの料金目安:Toli-Toli〜Gorontalo=3,000弱(席による)
  • インドネシアではポカリがよく売ってる。体調不良時に最適。
  • Buolのような町でも銀行は充実。Masterの方が多いが、VISAもあった。
  • Buol・Toli-Toli共にホテルは約$10(2名泊まれる)
ブログランキング・にほんブログ村へ