【130日目】ミャンマーに行こうと思い立つ

タイでバイクを買い、東南アジアをバイクで回ることだけは決めていた。そしてそろそろバンコクを出て、どこかに行かなくちゃいけない、という時期に差し掛かっていた。

バンコクからドコに行くか? 最初の選択肢はタイの古都チェンマイだ。ここはぜひ行ってみたい場所である。しかし……、実は僕らバンコクでのんびりしすぎてVISAの期限に余裕がない。2週間ほどでタイを出なくてはならない。チェンマイまで原付バイクで数日かけて行き、ちょっとゆっくりしたらすぐにタイを出なくてはならない。しかもチェンマイまでの道のりはあまり面白くないという。

さてどうするか? そこで僕らが思いついた方法はまずミャンマーに向かうことだ。旅行者にも人気があり、入国のルールなども厳しかったりするようだが、ぜひ行きたい国の1つだった。チェンマイまで北上せず、途中でミャンマーに抜け、ミャンマーで少し滞在したあとで、タイのチェンマイに戻り、ラオスへと向かうというプランに決めた。

wpid-map-2013-10-29-17-301.png

決めたと言っても、それは自分たちの都合だけだ。壁はある。1つはビザの確保。日本でミャンマービザの取得には1週間かかるという。うまくいくのか? 次にバイクで入国できるか? 

後者のバイクでの入国については未だ未知数だが、とにかくビザだけ取ることにした。そしてバイクで国境へと行き、入国を試みる。うまくいけばラッキー。ダメなら次策は後で考える。それくらいの勢いがちょうどいい。

実はチェンマイに行ってからミャンマーに行くよりも、バンコクからミャンマーへ行くことを決意したことは非常にラッキーだった。というのもミャンマー大使館がバンコクにあるのだ。そして、なんと即日発行できるという。チェンマイでミャンマー入国を決意していたら、バンコクまで戻らねばならなくなる。

僕らはその足でミャンマー大使館へと向かった。タイで初めての電車に乗り、その清潔感と安定性に感心し、ミャンマー大使館の混雑具合に辟易した。ビザの取り方のHowto的な情報は他のサイトに非常に丁寧に書かれているので探してみて欲しいが、とにかくパスポートさえ持って行けば、即日発行できるのは確かだ。急にミャンマーに行きたくなった人は日本でウダウダしてないで、バンコクに行こう。

wpid-IMG_2069-2013-10-29-17-30.jpg

wpid-IMG_2054-2013-10-29-17-30.jpg

↑電車の切符となるコイン

wpid-IMG_2068-2013-10-29-17-30.jpg

wpid-IMG_2056-2013-10-29-17-30.jpg

こうして、僕らはミャンマー行きのビザを手にした。

バンコクを出るのは10月23日と決め、ミャンマーへの国境までは数日でつくはず。うまく入国できるだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ