【133日目】4ヶ月過ぎて、荷物を振り返ってみよう

たまにはちょっとHowto的な記事を書いてみようかと思う。4ヶ月という決して短くはない期間を旅してきて、荷物に対して後悔や見直しをした部分もある。
長旅をしたい人はもちろんのこと、短い旅行でも役に立つこともあろうかと思うので、つらつらと思いつくことを書いてみよう。

wpid-photo-2013-11-2-17-30.jpg

  • ザック – 荷物は思ったよりも増減する。僕らの場合は時々料理をするので調味料が増えたり、インスタントのコーヒーやティーバッグを持ち歩いたりもしている。出発時点では絶対にザックの容量に余裕を持たせておこう。
  • ショール or サロン – 暑い土地はエアコンがとにかく強い。寒いことが価値とでも思っているかのようだ。短時間なら気持ちよく過ごせるが、長時間になると体調を壊す。そこでショールやサロンのようなものを鞄に放り込んでおくと、サッと羽織れて便利だ。マレーシア・インドネシア(または東南アジアどこでも)に行くと良い物が安く手に入るので、旅行ついでに買うのもオススメだ。
  • – 速乾性が重要。俺の服は乾きづらく、移動が重なる時は洗えない。とにかく速く乾くものを用意しよう。
  • 手ぬぐい – これは必須。寒ければ首に巻き、頭に巻いたり、空気が汚い場所では口に巻いたりできる。壊れ物などを持たなくてはならない時も使えるし、極端な話「パソコンケースとして」とか「カメラケースとして」だって使える。
  • パソコン – これはMacbook Airが最高。薄い軽い使いやすい。Macユーザならこれ。CDドライブがないことだけ気になるけど、そんな不便じゃない。ちなみにブログを書かないと割り切れば、もしくは書くとしても短く簡単なもの、と割り切れればタブレット端末でも良いかもしれないが、長旅だと写真の管理などで工夫が必要だと思う。長旅なら素直にパソコン1つ持って行く方が潔いように思う。
  • サブバッグ – いろんな意見があるけど、僕の意見としては「防水で蓋がカチッと閉まるタイプのショルダーバッグ」が良いと思う。リュックサックタイプは楽なのだけど、治安が悪いエリアでは後ろに荷物を背負うのが不安。ショルダーバッグを身体の前に持つのが楽で安全だと思う。マジックテープなども簡単に開けられてしまうので防犯上よくない(僕のがマジックテープなのだ)。
  • – 不要。海外の人は傘をささない。これ本当。持っているけど出したのは数回だと思う。雨が降ったら屋根の下で休もう。
  • ひも – ひもは持って行こう。たとえば室内で服を干すのに使えるし、ドミトリーで自分のベッドを囲むようにひもを張り、タオルや服を干せばプライベート空間のできあがりだ。
  • カメラ – カメラが趣味なら好きなものを。そうでもなければ、iPhoneでも持って行きなさい。それで十分。中途半端なコンデジとかいらないと思う。僕がブログで使っている写真もiPod Touchで撮影したものも多い。
  • スマホ – 回線がなくても便利。使い道としては:
    • 地図として
    • 辞書として
    • ちょっとした写真撮影
    • 電子書籍 ←実はこれが凄く便利。本の虫が旅をするなら必須だ。「スマホで本を読む気がしない」と最初は思ってたけど、慣れればずっと読んでられる。Kindle端末とかならもっと良いのかな? 最近はこれで、昭和の歴史について勉強している。
  • ティーバッグ的なもの – 日本が恋しいとか、そういうことではなく、朝起きてお茶とかコーヒーとか飲みたい時に、部屋で作ってそのまま飲めるのは魅力。旅行先のコーヒーやお茶を買って飲むのは更にオススメ。
  • 電熱コイル – 何のことか分からない人向けに説明すると「コンセントに差すと先端が熱くなる道具」だ。それを鍋やコップに入れておけばお湯が沸く。これでお茶やらコーヒーが作れる。

とまぁ、思いつく限りに「便利だなァ」とか「こうしておけば良かったなァ」と思うものを挙げてみた。みなさんの旅で便利な道具ってなんですか? 荷物に関する工夫ってしてますか?

また、そのうち荷物について語れることがあれば、書こうと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ