【220日目】インド人もびっくり、インドで日本人がヒンドゥー式の結婚式?

インド人にも大注目の結婚式が始まろうとしている! 日本人同士のカップルが、ヒンドゥー式の結婚式を挙げると聞いて、僕らはバラナシからブッダガヤへと戻ってきた。結婚式の4日前にして、すでに始められた準備のあでやかさを紹介。

2014年1月18日

今回僕らが関わることになった、ヒンドゥー教式の結婚式は、インド人も驚く「日本人同士の」結婚式なのだ。

ブッダガヤから歩いて30分のところにあるスジャータ村。このブログでも何度も書いている「仏陀が乳粥をもらった」とされる村だ。この場所で21日に日本人カップルがヒンドゥー式の結婚式を挙げることになっている。

結婚式を挙げるN夫妻とは1週間前に知り合った。この結婚式のことは噂で聞いており(小さな村だから日本人が目立ったことをすればすぐに伝わるのだ)、僕らも1度会いに行こう、と軽い気持ちで彼らが泊まる宿に遊びに行ったのだ。そこで出会い、「君らも遊びにきてよ」と誘われた。

結婚式が執り行われるのは Sachi Home というスジャータ村にあるゲストハウスだ。僕らもそこに泊めてもらい、結婚式の準備を見守ることとなった。

この Sachi Home はニランジャナセワサンガというNPO法人を運営している人が経営している。ニランジャナセワサンガは同じスジャータ村でフリースクールや安価な診療所、孤児院などを運営しており、地元では有名なのだ。ゲストハウスのスタッフとして孤児院の子らが手伝っており、今回の結婚式は孤児院やフリースクールの子らはもちろん、村ぐるみで注目しているイベントになっている。

ヒンドゥー教の結婚式は1日では終わらない。人によるが、5日程度かけて行うらしい。この日、バラナシから電車で戻り、N夫妻に会うと、ずいぶんと上機嫌。寒いのに腕をまくって……、とよく見てみると腕に模様が!

wpid-IMG_3335-2014-02-2-14-30.jpg

これ凄いでしょう!? 写真が荒いけど……

wpid-IMG_3336-2014-02-2-14-30.jpg

ヘンナと呼ばれる染料で、腕に模様を入れたのだ。一度定着すると、数週間は落ちないらしく、入れ墨の代わりとして用いられることもあるらしい。日本でも知られているらしいが、僕は知らなかった。

明日は同じように足に模様を入れ、本格的な儀式が始まるらしい。

これから数日かけて、ヒンドゥー式の結婚式について実況していきたいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ