【226日目】芋に飽き飽きしPaneerと出会ったものの、言葉は通じず

日本に行きたがるインド人たち

2014年1月24日

 

インドでの食生活というのは放っておくと、酷く偏る。

最もオーソドックスな食べ物はタリーという定食メニューで、ほぼ必ず全ての飲食店にある。内容は店ごとに多少異なるが、ほとんどの場合……

  • チャパティー(全粒粉で作ったパン)
  • ご飯
  • 芋のカレー
  • ダルと呼ばれる豆スープ

あたりが出てくる。そして食べ放題であり、メニューの中でも最も安いことが多い。周りを見るとほとんどのインド人がこれを食べている。僕も読めないヒンディー語と格闘するより、「タリーちょうだい」と注文する方が簡単で、つい毎日のように食べているのだが、これを食べ続けていると、ひたすら芋と粉ばかり食べていることに気が付く。なにしろ芋が1番安いから、何でも芋で作るのだ。

DCFE8F64-15C3-4859-8EB3-CC254D2F5155-1

これは割と、というかかなり見栄えの良いタリー。

これに飽き飽きし「何か別の物を!」と適当に注文して出会ったのがPaneerだった。

Paneerというのは人によって微妙に説明が異なるのだが、豆腐とチーズの中間、というのが僕の感想だ。ミルクで豆腐を作った、というのが正しいところなのかもしれない。

これが実においしく、ミルキーなコクのある味になる。

「Paneerの作り方を教わりに行こう!」

Miaの発案で、僕らはブッダガヤの町にあるPaneer屋さんに突撃訪問してみた。

ところがこのPaneer屋さんは英語がほとんど通じない。「作っている様子を見ていい?」と尋ねても、伝わらない。作っている台所に行ってみたものの、会話が通じず諦めた。

結局僕らはPaneer屋さんの近くにあるインド人の友達に会いに行った。彼はデリーで日本人向けにガイドをやっていて、日本語も堪能。

「Paneerの作り方を教わりにお店に行ってみたけど、英語が伝わらなくて……」

と嘆いてみたら

「僕は長年コックをやっていたから、作り方知っているよ」

とありがたいお言葉! 何やら牛乳にレモンを入れて、絞って……、と丁寧に作り方を教えてくれた(細かい作り方はMiaのブログを参照してもらおう)。

それにしても、本当に日本語が話せるインド人の多いこと多いこと。僕らが知り合った人たちだけでも片手じゃ数えられないほどだ。その中には日本へ行ったことがない人も多い。現地で、日本からの旅行客から学ぶらしい。

「いつか日本に行きたい。仕事を紹介してよ」

こういうことを言われることも多い。このハングリー精神というか、行動力を見習いたいものだ。

それにしても芋に飽きた。

ブログランキング・にほんブログ村へ