【241日目】インドの歯医者「歯は縦に磨こう」「ほんとう?」

地震・雷・火事・親父、旅で怖いものはいろいろあるけれど、そのひとつは虫歯だったりするのだ。

2014年2月8日

長旅をする人にとって、虫歯というのは本当に怖いのだ。

万が一、虫歯になったとしよう。まず言うまでもなく痛い。短期の旅行であれば、痛み止めでごまかして、帰国後に治療すればいい。ところが長旅である。それも僕らの場合、年単位で旅をしているわけだ。

考えてみてほしい。日本の医療が世界的に進んでいるのか否か、そんなことは抜きにして、外国で歯を削るのは怖いものだ。できれば避けたいという気持ちは誰でも理解できるだろうと思う。

「歯が痛い」

ある朝Miaがそう言った。虫歯にならないように気をつけて歯を磨いてきている。出発前にも日本で歯を診てもらい「問題なし」と診断を受けている。体調不良からくる歯痛か、はたまた虫歯なのか……。歯医者に行くか、行かないか……。どうしたものか……。

調べてみるとトルコの医療は進んでおり安いという。とはいえ、トルコに行くのはザッと2~3ヶ月後だろう。本当に虫歯だとしたら相当に進行してしまう。

昼食を食べた帰り道「どうしようか」となんとなく相談していたところ、ホテルの近くで歯医者を見つけたのだ。少し迷ったが、入ってみて金額とか訊いてみるのもいいかもしれない、と思い、意を決して――というのが大袈裟じゃないのは想像してもらえば分かると思う、扉を叩いた。

いわゆる歯医者らしい外観ではない。日本であれば靴を脱ぎ、清潔なスリッパでも履き、ビニールソファに腰掛け、診療カードやらなんやらを受付でやりとりし、名前を呼ばれるのを待つのだろうが、入った瞬間に診療用の椅子が目に付いた。私服の助手らしき女性もいる。

「歯が痛いのだけど、診療にいくらかかるか知りたい」

と長旅の事情なども含め説明すると「じゃぁ、見せて」と気軽に診てくれることになった。僕はと言えば、暇なので診療椅子(?)の横の椅子に座り、暇つぶしの写真撮影。

wpid-IMG_3695_3-2014-03-12-14-30.jpg

女性の方はその辺を歩いている人の服装と変わらない……

wpid-IMG_3696-2014-03-12-14-30.jpg

一応、覗き込んでいるから、やっぱりこの女性も助手なのね

あれこれ見ての歯医者の結論は……

「うん、これはいつも横に歯を磨いているから、歯が削れちゃってるんだね。これからは歯は縦に磨いて」

ほんと!?

これ、その理屈だと、しばらくした縦に削れちゃうと思うんだけど……。ともかく、削れていた場所については埋めてくれて、結果として痛みもなくなったわけだから、対処療法としては悪くないと思うけど、本当に原因は磨き方なのか?

「で、いくらですか?」
「500ルピー」

ぴったり? そんなに切りがいいものなの?

ぼったくりとまでは思ってないし、保険もない僕らにとっちゃ安上がりな感じではあるけど、金額の根拠はまったく分からない治療でした。

ともかく痛みはなくなったのだから感謝はしなくちゃいけないね。

よい子のみんなは歯を磨こう(縦にね!)。

ブログランキング・にほんブログ村へ