【264日目】旅先で新聞を読もう

何はともあれヨガの修行を終え、心も身体も健康になった。街に戻り、北部へと帰るまでの数日間をケララで過ごした。観光をしたいわけじゃない。でも暇。そんなときに最適な時間のつぶし方は意外にも新聞だった。

2014年2月27日

ヨガの修行を終えたので、南部での用事はもうなく、あとは数日間をダラダラとすごせばいい。

ところがケララは本当に殺伐とした都会で、静かな自然に囲まれているわけでもなく、オシャレで何時間でもいられるカフェがあるわけでもない。ひと言で言えば、居心地が良いわけでもなく、ほとんどの時間をホテルで過ごすことになるのは目に見えていた。

まぁ、本を読んで、小説を書いて、ブログを書いて、とやることはあるのだけど、せっかくインドにいるのになんだかもったいない。

そんな時に発見した楽しみが現地の新聞を読むこと。

今までも何度かやっているけれど、これは本当に面白いのだ。オススメする理由は……

  • (英語紙を読むことになるので)英語の勉強になる
  • 現地の興味や出来事が分かる
  • 地方面を見ると、今いる街の出来事さえわかる
  • 日本からみた現地のニュースではなく、現地の人が見た現地のニュースが見える
  • 現地の人と話が合うようになる
  • 安い(インドだと数円~10円くらい)

僕らはこの数日間、新聞を買っては辞書を引き引き読みあさり、現地の政策の一部を見たり、現地のミュージシャンの活動を見たり、何をみんなが問題視しているのかを理解できるようになった。

wpid-IMG_0883-2014-04-12-14-30.jpg

(写真)デリーでは生まれた赤ん坊の64%が28日で死んでしまうらしい。想像以上の死亡率……。

みなさんも旅先で無理にあちらこちらを動き回らず、じっくり新聞でも読む時間を作ると、違った楽しみが見つかると思うよ。長旅の人は特に。

ブログランキング・にほんブログ村へ