インドに来て、タリーばかりで飽きちゃた人にオススメのインド料理3+1品

インドに長期滞在すると、頻繁に食べることになるのはタリーという料理です。これはこれでおいしいし、安いし、食べ放題だし(たまに食べ放題じゃないことも……)、出てくるのも早いので、最初は良いのですが、いかんせん飽きます。

そこで、今日はタリーに飽きちゃった人にオススメの基本的なインド料理のご紹介です。

wpid-IMG_4270-2014-05-23-14-00.jpg


まずはタリーってなに?

簡単に言えば、インドのカレー定食です。基本的には

  • 野菜カレー
  • 野菜(芋やブロッコリーをカレー風味で味付けた副菜)
  • ご飯
  • チャパティ(全粒粉を丸くのばして、焼いたもの。ナンの弟みたいな感じ)

という組み合わせです。店によってはここに漬け物など小物が追加されることもありますし、副菜がなくて、カレーとご飯のみ、なんてこともあります。

このタリーというのは本当に基本的なメニューであって、注文も多いので、カレーも作り置きされていて、頼むとすぐにでてきます。まずい、という意味ではないのですが、大抵1番安いカレーです。インドで1番安いカレーと言えばほとんどが芋のカレー。ブロッコリーが入っていれば幸せ、という感じ。

たまに食べる分にはいいのですが(実際ぼくも毎日のように食べてました)、飽きます。飽きるのです。カレーにも、芋にも、チャパティにも飽きます。そこで、何か違うものを食べよう、と思うようになるわけですね。

そこで最初の選択肢は違う種類のカレーを頼むことです。タリーではなく、自分で好きなカレーとご飯やチャパティを組み合わせれば、少なくとも芋カレーからは離れられます。少しだけ値段が高くなりますが、よっぽどの節約旅でなければ許容範囲のはず。

しかし、ここではそもそも <カレー+ご飯とチャパティ> から離れられるメニューをご紹介したいと思います。

wpid-IMG_4330-2014-05-23-14-00.jpg

なんか薄くて大きい料理、ドーサ

南インドの代表的な料理ですね。

米ともやし豆をペースト状にして、薄くクレープのように焼いた料理です。薄く焼いた分、大きく、どーんとお皿にのってくるので、初めて注文したときは「おお! でかい」と妙に感心します。

このドーサとカレーやココナッツチャツネなどと一緒に食べます。ぼくらカレーよりも、ココナッツのチャツネの方が圧倒的に好きで、チャツネばっかり食べています。このチャツネは食べ放題なようで、減ってくると足してくれることも。気前がいいですね。

ドーサ自体はパリパリとしていて、食感も良いです。カレーとご飯だとなかなか食感が楽しめないので、ドーサを食べると「食感が楽しい」と思わずにはいられません。今のところ「毎日でも食べたいインド料理」のひとつですね。

wpid-IMG_4363-2014-05-23-14-00.jpg

wpid-IMG_3875-2014-05-23-14-00.jpg

白い蒸しパンみたいな見た目のイドゥリ

ドーサと同じ生地を型に入れて、蒸したパンです。だから白い蒸しパンで間違いないのですが、日本で思い描く蒸しパンを想像すると、少し違うと思います。もっとシンプルな味。あんまり味付けもしていません。

どうやって食べるかと言えば、やっぱりドーサと一緒でカレーやココナッツチャツネと一緒に食べます。材料も一緒、食べ方も一緒。ドーサと違うのは焼くか蒸すかの調理法だけです。

朝ごはんとして食べることが多いようですが、さっぱり食べたい昼食などにも良いです。

wpid-IMG_0958-2014-05-23-14-00.jpg

wpid-IMG_0905-2014-05-23-14-00.jpg

お好み焼きのようで違うウタパム

そして、またドーサの兄弟のような料理です。ドーサと同じ生地を発酵させて、野菜を混ぜて焼いた料理がウタパム。野菜と言っても、ぼくらが見たのはオニオンばかりかな。イドゥリに比べて、オニオンが入っている分味もあり、甘味もあります。

ここまで全部ドーサと同じ生地なんですね。このブログを書いていて気付きました。米ともやし豆ばっかり食べていたんだなァ。

さて、食べ方もやっぱりドーサと一緒。カレーやココナッツチャツネを一緒に食べます。

wpid-IMG_0579-2014-05-23-14-00.jpg

インド風炊き込みご飯のブリヤーニ

日本の炊き込みご飯と違い、凄い油です。食べ終わったお皿を見ると、たっぷりと油が溜まっています。だから、これも毎日食べたら日本人には辛いかと思われますが、時々食べるとおいしいですね。

このブリヤーニをネットで調べると、お祝い事で食べる料理と書かれているんですね。例えばWikipediaには「日本のお赤飯のように」と書かれています。しかし現地で見る限り、町中にブリヤーニ屋さんがありますし、インド人も日常的に食べているように見えます。ブッダガヤのような田舎の方に言っても、むしろネパールのインド料理屋に行ってもメニューにありました。

wpid-IMG_3571-2014-05-23-14-00.jpg

wpid-IMG_3726-2014-05-23-14-00.jpg

おまけにマクドナルド

ぜひオススメしておきます。インドのマクドナルドを!

インドに行こうと思っている人はご存じだと思いますが、インドでは牛を食べません。そこでマクドナルドも牛を使わないメニューを取りそろえています。例えば牛の代わりにチキンをメインにしていたり、パニールというインドのチーズをメインにしていたり、日本のマクドナルドとはひと味もふた味も違うメニューを取りそろえています。

が、しかし、値段は日本と同じくらいなのです。つまりセットで500~700円程度。旅に出てからというものの、そんなに高い食べ物などほとんど口にしていません。なにしろ1食あたり2人で200~300円に抑えて生活しています。ぼくらの平均的な食費に比べて、5倍前後。

そんな高いもの、注文できない……。

というわけで、実はぼくらはインドのマクドナルドを食べていません。ブラックコーヒーはそこそこおいしいし、値段も他と変わらないので、時々ラグジュアリーな気分を味わうために行きます。

wpid-IMG_4287-2014-05-23-14-00.jpg

まとめ

ぼくらは事前に知識もなく、インドに入ってから、あれこれチャレンジして、こういうメニューを知っていきました。知るまではひたすらタリーばかり食べていて、飽きてから他のを食べた感じです。

これから行く人は少し知っておくことで、飽きる前にいろんなメニューを織り交ぜて食べたいですね。

あなたはどんなインド料理が好きですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ