押さえ込んでいた物欲が爆発 買いたい物が山ほどあるアクセサリー屋

ダラムサラのマクロードガンジにあるレストランで昼食を食べていたときのことです。隣のテーブルでイスラエル人と地元のチベット人が盛り上がっています。何かなぁ、と覗き込んでみるとなんと、イスラエル人が、テーブルにアクセサリーを広げて、チベット人に売っているのです。

チベット人がイスラエル人に売るならばともかく、普通の逆です。興味を持って話しかけてみることに……。

wpid-DSC_0587-2014-06-1-12-00.jpg


出会いは大人気のレストランで

出会いはぼくらが偶然見つけた大人気のレストランGakyi Restaurantでした。

チベット人が経営しており、おいしいチベット料理を食べさせてくれます。しかも店がオシャレで、店主のおばちゃんが威勢のいい、本当に気持ちの良い人。その味、おばちゃんに惹かれて、頻繁に食べに行っています。

隣のテーブルでイスラエル人の女性2人が料理を待っていますが、店の主人と別のチベット人がテーブルを覗き込んでいる。何かと思って聞いてみると、

「わたしが作ったアクセサリーを売っているの」

とイスラエル人が言うじゃありませんか。逆なら分かるのです。チベット人のハンドメイド土産物屋というのが、町中に溢れかえっていますから……。でも、イスラエル人がチベット人に売っているという構図が面白いじゃないですか。

しかも、店の主人が1つお買い上げ。ということは価格も地元の人が買えるくらいの価格らしい……。それじゃ、と見せてもらうことにしました。

wpid-DSC_0557-2014-06-1-12-00.jpg

ハンドメイドのアクセサリー

テーブルを見てみると、手作りの指輪やブレスレットなどが並んでいます。

すごくステキなアクセサリーが並びます。ターコイズやタイガーアイなど、いろんな種類の石を使った、手作り感のある暖かい作品が並びます。

このイスラエル人は、もう2ヶ月もこの場所にいて、アクセサリーを売り歩いているというのです。

じゃ買わないと!

値段を聞けば300~500円くらいでいろいろ買える。しかもこういうのは出会いが大切だと思うんです。

何を買うか、も大切ですが、もっと大事なのは誰から買うかでしょ。本当ならばチベット人から買いたいところですが、出会ってしまったのでこの人から買うことに。でも、せっかくだからもっと見たい、と言うと「先生がやってる店があるから、そこに来たら?」と誘ってくれて、隣の小さい村まで歩いて行くことになりました。

アクセサリーの山

その場所の名前は Gipsy King Silver School。裏が工房で、表に大量のアクセアリーが並んでいます。どれも手作りで、頼めば石の取り替えや、サイズの変更など何でも対応してくれます。

で、値段も安い。インド人だって買い物に来るくらいです。ちなみに先生はインド人。

その安いアクセサリーの山に対面し、物欲が爆発。2時間以上かけて自分ら用はもちろん、お土産用にも大量に買ってしまいました。手持ちの現金が足りなくなり、「明日お金持ってくるから商品を押さえておいて」とお願いすると、そのインド人の先生は「商品持って行っていいよ。だから明日お金持ってきて」と優しい対応。というか、すごい信頼感。

wpid-IMG_4465-2014-06-1-12-00.jpg

wpid-DSC_0584-2014-06-1-12-00.jpg

wpid-DSC_0585-2014-06-1-12-00.jpg

wpid-IMG_4471-2014-06-1-12-00.jpg

wpid-IMG_4474-2014-06-1-12-00.jpg

心優しい、安くて、手作り感のあるアクセサリー屋さんです

すべてその場で手作りしていて、手作り感のあるアクセサリーが並んでいます。

日本で買ったら2倍も3倍もするだろうと思います。ぼくらは先が長いので、これでも自重しましたが、短期だったらもっと山ほど買ってお土産にしただろうと思います。それでも5000円以上買い込んだのではないでしょうか。本当はお金がないのに……。

旅先の出会いって面白いですね。みなさんは面白かった旅の出会いがありますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ