高級ホテルのテラスに泊めてもらう話

無事にトルコ入国を果たすも見つけた宿は1泊40ドル……。とてもそこには泊まれない、と立ち去ろうとしたとき救いの手は伸びました。


ホテル アララット

“ホテル アララット”というのはドゥバヤジットの高級ホテル。ふたりで1泊40ドル。ぼくらの生活費の予算が1日40ドル以下だというのに、宿代だけで使い切ってしまいます。食費も高いトルコですから、こんなホテルには泊まれません。

「安くするよ」という主人の申し出も断り(だって5ドル〜10ドル割り引いてもらっても泊まれませんから……)、立ち去ろうとしたときです。

「いくらぐらいの宿を探してるの?」
「できれば10ドルくらいで泊まりたいけど、無理だろうから20ドル以内かなァ」
「そんな宿、ここじゃ見つからないよ。あってもオンボロさ……。もし良かったらうちのテラスに泊まる? 屋根もあって3方向は壁があるし、夜は涼しいから寝られると思うよ。実際、ぼくらも夏はテラスで寝るんだ。涼しくて寝心地が良いからね。見てみる?」
「はい!」

テラスの様子

今までいろんな安宿に泊まってきたし、空港に寝たこともあります。テント泊をしていたこともあるので、外で寝ることにはまったく抵抗はありません。

見てみると、思ったよりもいい! 主人の説明通り、3面壁で、屋根もあり、コの字型に柔らかいソファが置かれている。日中はお客さんがご飯を食べたり、お茶を飲んだりする場所ですが、夜は無人になるとのこと。

近くで見ると

「泊まります!」

ほとんど即答で泊めてもらうことにしました

恐る恐る「いくら払えば良いですか?」と聞くと、「いくらでもいいけど、ひとり5ドルでどう?」とのこと。しかも40ドル払っている人と同じ朝食バイキングも食べて良いし、台所も使っていい。

そして、ただの金のない客だったぼくらに突然、

「君らはぼくのゲストだから、台所にあるものも自由に食べていいよ」

ということで、超VIP待遇に。もちろん台所にあるものを食べるのは最後まで遠慮しましたが、朝ごはんはありがたく頂きました。

「コーヒーをご馳走しよう」とトルココーヒーまで主人自ら作ってくれました。

#

本当にありがたい

本当にありがたい話でした。だって、ぼくらは本当にただの貧乏客だったのです。お金がないって言った時点で、他の安宿を探しに行くのが当然だし、高いホテルが悪いわけでもない。

なのに、ぼくらの立場を理解して、こんなありがたい提案をしてくれて、どう感謝していいか分かりません。他の宿泊百に聞くと、普通の宿の部屋も凄く良いらしいです。お金に余裕があって、ドゥバヤジットに行かれる人は、オススメのホテルです。

ただし、言っておきますが、この「テラスに泊まる」というのは正規のサービスではありません。ぼくらの前にこれをやった人もいませんし、こちらかお願いできる種類の話ではありません。このブログを見たあとで「テラスに泊めてくれ」と言っても、ダメかもしれませんし、嫌な顔をされるかもしれません。

あくまで人と人との関係で、たまたま今回はその機会に恵まれた、と思ってください。

ちなみに、この宿の人もクルド人。最高だぜ、クルドの人は!

ブログランキング・にほんブログ村へ