トルコの嬉しい朝ごはん ケチケチしないボリュームとうまさに感激

トルコのワンという町で何気なく入ったレストランが朝食屋さん。日本も見習って欲しい、この朝食のボリューム!

2014年6月19日


移動で疲れて、お腹も空いて

結局3泊もお世話になったドゥバヤジットのアララットホテルを出て、100kmほど南に行ったワン(ヴァン)という町にやってきました。

到着は昼過ぎの中途半端な3時頃。車酔いを恐れて移動の前は食事を控えているので空腹です。

ホテルを探す前にご飯を食べようと、大荷物を持って歩いていました。通り沿いのお店を覗くとパンとチーズが並んでる。

「濃いものを食べたいわけじゃないから、ここでパンとチーズでも食べよう」

と、何気なく入ります。なにしろここはヨーロッパ。今まで旅していたアジアの国々に比べて物価が高い。それはそれは高すぎて霞んで見えるほど。だから、トルコに着いてからというものの、ヨーグルト+パン、チーズ+パンのように節約した自炊を心掛けています。

だからここでパン+チーズもぼくらにとっては当然ともいえる選択ですし、言ってみれば節約のつもりで入ったようなものでした。

節約飯を頼んだつもりが

店の人は若い男の子。レジの横にはチーズやらヨーグルトなど、いろんな種類の乳製品が並んでいます。よく見ると、手作りの蜂蜜や、なんだか分からないペーストなどが並んでる。言葉も通じないので、適当に指差して注文。

すると!

あれもこれも全部出てくる。どうやらこれ、セットなのかなんなのか、全部が少しずつ、いや少しと言うには多すぎる量を出してくれる。で、隣の店から焼きたてのパンを持ってきてくれて準備完了。

IMG_4980

パンもうまい。実はトルコのパンは世界一と言われるほどおいしい。日本だとそんな気分にはならないけど、トルコならパンだけ食べていても本当にうまいのです。実際ぼくらもたまにパンだけつまんでました。

IMG_4979

ヨーグルト的なものに、ミントなどをまぜたもの。他のおかずがみんなチーズや蜂蜜など甘い or 濃いものばかりなので、嬉しいアクセント。

IMG_2169

朝食屋さん

ぼくらがのんびり食べていたところ、店の人が椅子などを片付け始めてしまいました。まだ時間は16時にもならない。飲食店としては閉店が早すぎる。

そう、どうやらここ朝食屋さんなんです。だから本当ならすでに閉まっている時間帯。ぼくらが変なタイミングで来たもんだから、あけておいてくれたんですね。

おまけ&大事な情報ですが、この朝食にもあった蜂蜜ですが、この町の名物です。最終的に見つけた宿の周りが問屋街にようになっているのですが、蜂蜜屋さんだらけでした。手作りで、蜂の巣付きの蜂蜜です。ぼくらがここで食べたのも最高に旨かった。

こういう偶然の発見が楽しいですね。

みなさん、海外のおいしい朝ごはんのエピソードはありますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ