これを知らないとイタリアでコーヒーが飲めないエスプレッソメーカー

イタリアに来たら、これを知らないとコーヒーが飲めないエスプレッソメーカーの使い方。


直火式エスプレッソメーカー

ぼくらがWorkawayやAirbnbを通してイタリア人の家に滞在させてもらった経験で、ほぼ100%の家に直火式のエスプレッソメーカーが置いてあります。

直火式のエスプレッソメーカーというのはコレ

日本でも売っているので、エスプレッソが好きな人は知っているでしょう。ちなみにうちの実家にもありましたが、日本にいるときにエスプレッソに興味があまりなかったので、あまり注目していませんでした。

今思えばもったいない話です。

これからイタリアに行く人で、誰かの家に滞在する予定なら、これの使い方を知らないとコーヒーが作れません。それを教えてもらうのをきっかけにコミュニケーションをとるのもいいですが、使い方を覚えて行って「知ってるよ!」という顔をするのもいいと思います。

コツ

基本的な使い方は他のサイトに任せるとして、分かりやすいページにリンクしておきます。

器具の使い方/エスプレッソの入れ方

コツは2つ。

  1. できあがったコーヒーが入るサーバー部(上部)をきっちり閉めること▶ここの締まりが弱いと、蒸気が漏れてしまい、お湯が上のサーバーに行きません。これはぼくがやってしまった間違えのひとつです。
  2. 終わりの合図は音で見極めること▶できあがりのサインは音です。コポコポという、音がしたら大体終わり。やけどに注意しながらふたを開けて、コーヒーがちゃんとできているか確認すれば確実です。

飲み方

エスプレッソって日本では(というか、自分の周りでは)苦い珈琲を楽しめる人が飲むもの、みたいなイメージがありました。が、本場イタリアではこれが標準です。「コーヒー」を注文すればエスプレッソが出てきます。

もちろんアメリカンコーヒーに比べて濃いわけですが、イタリア人はたっぷり砂糖を入れて飲みます。流れはこんな感じ

  1. エスプレッソを出されたらコーヒースプーン1杯の砂糖を入れる
  2. 軽く混ぜる▶コーヒーの量に対して砂糖が多いので、完全に溶けません。完全に溶かそうと延々と混ぜないのがイタリア流。
  3. 飲む。サッと飲む▶エスプレッソはサッと飲む。
  4. 底に残った砂糖をコーヒースプーンですくって舐める

最後の砂糖を舐めるのは全員がやることではありませんが、見ていると意外と多くの人がやっています。

ちなみに! 珈琲と一緒に水を出してくれますが、この水は珈琲を飲む前に飲みましょう。コーヒーの後に水を飲むと「コーヒーがまずい」という意味になるようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ