イタリアを電車旅するとハマる落とし穴 どうしてそうなるの?

些細な話に思われるかもしれませんが、イタリアをぶらりと旅しようとするとハマる、落とし穴をご紹介します。


イタリアは電車が便利

イタリア内部を点々と旅しようとすると、電車が便利です。本当にどこもかしこも電車でいけますし、電車のチケットも駅の券売機で簡単に買うことができます。しかしその券売機で販売されるチケットに大きな大きな落とし穴があるのです。

チケットの買い方

知識なしで行ってもほとんど問題はないでしょう。駅に行くと大きな券売機があるので、そこで購入します。券売機は言語を選べるので、英語を選択(残念ながら日本語はありません)。そして、行き先の駅名をタッチパネルで入力するだけ。そうすると、目的地までの電車の候補がパラパラと出てきます。

その中から希望の電車を選んで購入するだけです。簡単ですね。

金額と所要時間と発車時間あたりをよく見て選びましょう。

問題は……

さて、買うのは簡単なこのシステムですが、ひとつ大きな落とし穴があります。

なんと、駅の券売機で買った経路にバスを含むことがあるのです。あんまり落とし穴に聞こえないかもしれませんが、知らないと大失敗に繋がります。

ぼくらの失敗の話をしましょう。

ある日、2度の乗り換えを含む乗車券を購入しました。乗り換えの駅で次の電車を待っています。発車時間はチケットに書いてあるので、のんびり待っていたのですが、いつまでたっても電車がこない。電光掲示板にもその電車が表示されない。とうとう、発車時間になり、あわてて窓口に行くと「これバスだよ。もう行っちゃったね」ってな具合。

頻繁に電車やバスがくる場所ならいいですが、平気で1時間以上の待ちになることはザラですし、そもそもチケットも買い直しです。そのあとでぼくらがチケットを見ても “なぜこれを見て、バスだと分かるのか?” が分からない。っていうか、電車のチケットを買ったつもりなのに、なぜ乗り換えにバスを含むのか分からない。

A駅 → B駅 → C駅 → D駅 と移動するのに、なぜかB~C間だけバスだったりするわけです。

ぼくらも回避方法が分からないまま、イタリアを後にしてしまったので、アドバイスができません。おそらくよく知っていれば見分けが付くのでしょう。すくなくとも無計画にフラフラとイタリアを電車旅するとハマります。

ぼくらが唯一提示できる解決策は「駅員さんに聞きましょう」です。

これのせいで、2度も余計な出費をさせられました。くやしいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ