イタリアのクルマ特集 大きけりゃいいってもんじゃない洒落たイタリア人のクルマたち

恒例(?)の車特集イタリア編です。

相変わらず、詳しくないのに車やバイクが好きで、旅をしていて「お、あの車いいな」「うわー、かっこいい!」と興奮する毎日です。


イタリアの車と言えば!?

イタリアの車と言われて何を思い浮かべますか? ランボルギーニ、フェラーリ、ランチア、フィアット、アルファロメオなど名だたる外車が名前を連ねます。マセラッティやアバルトなんていう車好きなら知っているステキなメーカーもイタリアの会社です。

でも、まぁ、そういうメーカーや車種を抜きにして、ぼくらが気付いた「イタリアの車」のイメージは「小さいこと」です。日本で言う軽自動車と呼ばれるサイズの車(馬力・排気量などではなく、見た目の大きさ)が多いのです。

100台見たら80〜90台はこういう小さい車なんじゃないか、と思うほど。しかもそれをオシャレに乗りこなしているのがイタリアなんですね。大きなことはいいことだ!というアメリカ的発想の逆を行く、イタリアの気質を見た気がします。

それでは、ざっくばらんに写真を挙げていきましょう。

イタリアで見かけたクルマたち













みんなステキなクルマですね。大きなクルマはかっこいい、というある種の常識を見事に覆してくれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ