脳と身体が大げんか! 初めてのサルサダンスに挑戦

キューバに行ったら習いたい、サルサダンスに挑戦してみました。


サルサをご存じですか?

サルサ・ソース? と思った方は近いです。ここでいうサルサとはサルサダンス。他にもサルサという音楽のジャンルを指すこともあります。ダンスにせよ、音楽にせよ、ネーミングの由来はいろんなものを混ぜているという意味で、「サルサソース」から来ています。

サルサ音楽の由来としてはスペインとアフリカの音楽をベースにした “ソン” という音楽から発展しています。これがキューバ東部で発祥し、キューバ全土に広がり、世界中に広がっていったと言われています。

サルサダンスというのは男女ペアで踊るものです。特徴は男性が常にダンスをリードし、他のペアダンスに比べて速いこと。今ではニューヨークスタイル、キューバンスタイルなどいろんなスタイルがあるようですね。

キューバ人の血に流れるサルサ

キューバ人の血にはサルサのリズムが流れています。街を歩いていると、あちらこちらでサルサ音楽が流れています。レストランやバーはもちろんですが、何の変哲もない、誰かの家から大音量のサルサが流れていることもよくあります。

そういう家の近くを通るとき、キューバ人も思わず腰を振ってしまったり、身体を揺らしてしまう人が多いのですが、その何気ない腰の振り方が完全に「サルサ」なのです。大人や若者たちだけでなく、幼い子どもでさえもそうです。クイッ、クイッ、と振る腰つきが日本人には到底できない動きなのです。

初めて小さな子どもが身体を揺らしているのを見たとき「サルサに関して、キューバ人には勝てないな」と心底思いました。

習ってみよう

キューバの観光者がいる街を歩いていると、わりと頻繁に「サルサダンス教室」的な看板を見かけます。ぼくらも受けてみようと思っていたのですが、値段もピンキリで、どこで受けて良いものやら、と悩んでいました。

そんなときです。ハバナ旧市街にある日本人クレープ屋(過去記事:キューバで働く日本人を発見 なぜだか日本人を思い出すクレープ生地)の前で、日本語を習っているキューバ人女性に出会いました。片言の日本語が話せるので、雑談していると「サルサダンス習いたいなら、わたしが教えようか?」というありがたいお誘いを受けました。

こちらの写真の左の女性です。

そりゃいい、というわけでさっそくお願いすることに。ダンス会場などがあるわけでもないので、彼女の家のテラスに行きます。下の写真がその場所です。

写真だと分かりづらいですが、この時間、ちょうど日陰になっており、踊りやすい場所でした。

またアパート状の建物の屋上なので、周りから不用意に見られることもなく、静かで、景色も楽しい場所です。ちなみに下の写真で、座っている2人は日本語を習っている人たちです。テスト前らしく、ずいぶん真剣に勉強していました。いやはや真面目ですね。そんな中、サルサ音楽を流してレッスンスタートです。

レッスン中は写真もないので、想像してもらうしかありませんが、ダンスになれている妻Miaと違い、ぼくのほうはダンス以前の問題で、左、右、左……、右、左、右……、と九九の暗記をするように、身体を規則正しく動かすので精一杯。もともと音楽が好きで、音楽に合わせてリズムに乗るのは好きなのですが、あまりに暗記に気を取られるあまり、リズムさえずれていくありさま。

それでも基本の4ステップを身体にたたき込み、音楽に合わせて踊れるようになってきた頃のことです。

「それじゃ、形を覚えたところで、キューバンサルサらしく、肩とお尻を動かそう」

と指示を受けます。先生の動きを参考に、肩をグルグル回しながらお尻をクイックイッと前後に動かします。今までの人生でやったことがない動きで、お尻は「ぼくはこんな動き方をしたことがないゾ」と脳にSOSを送り、脳の方は「口答えするな、今はやるしかないんだ」とダメな上司のように同じ命令を繰り返す……。お尻も負けじと「いやいや、急にこんな動きをさせられても困る」と言い返し、脳は「お願いだからしばらくは言うことを聞いてクイックイッと動かせ」と泣き言を言う。それが何度も何度も繰り返された頃に

「ほら、お尻ばかりじゃなくてステップも意識して、肩も動かす!」

と先生に言われ、脳は「いかん! 尻ばっかり振ってたら怒られた」とパニック。慌てて肩やら足に指令を送る。すると「ようやくうるさい脳が黙ったなァ」とお尻は動きを止めてしまう。すると、間もなく

「ほら、お尻も振る!」

と先生に突っ込まれる……。お尻を振ったり、肩を振ったり、左、右、左、と足のステップを意識してみたり、全部やっているつもりだけど、いつもどれかがおろそかになる。そのたびに「ほら肩!」「ほらお尻!」「ほらステップ!」と注意され、脳も身体も大パニック。

「ああああ、もうわけ分からん!!!」

というところでレッスン修了。何を学んだのか、うまく説明できないのです。とにかぼくはサルサダンスを習いました。一応ステップも覚えています。だけど百歩譲っても「踊れる」とは言いがたい。それがぼくにとってのサルサダンスでした。

でもかっこいいのよ

そういうわけで、ぼく自身は未だに超初級のサルサダンサーなわけですが、人の踊りを見ているのはおもしろい。地元の人が行くバンドのライブを見に行ったのですが、若い男女が自由に客席で踊るのです。それが当然サルサなわけですが、本当にかっこいい。

男性がリードし、女性をクルッと回し、ふたりとも終始笑顔が途切れない。その楽しそうな気配を見ているだけで、こちらまで楽しくなってしまう。ライブそっちのけでダンスを見てしまうことさえあるのです。

すぐには踊れるようにはなりませんが、ちょっと習ってみると人の踊りを見るときに一層楽しめると思います。キューバにお越しの際はぜひどうぞ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ