南米の旅が始まる 漢字で書くと結構恥ずかしいペルーという国について

漢字で書くと結構恥ずかしいペルーにやってきた。ペルーの第一印象を書いてみます。


ペルーの基本情報

ペルーと言えば? と聞かれて何を思い浮かべるでしょうか?

  • マチュピチュ
  • ナスカの地上絵
  • フジモリ大統領
  • インカ帝国

あたりでしょうか? 行ったことがある人は「インカコーラ」とかを思い出す人もいることでしょう。

治安については少し前まではずいぶん悪かったようですが、たとえばリマを例に挙げると、暗くなってから裏道を一人歩きするとか、治安が悪いと言われているスラム街で無防備に歩くといった、旅をする上でぜったいやってはいけないことさえしなければ、概ね安全な気配です。

物価

例えば食事は1食7リラ(250円)でスープ・ご飯・おかず(肉や魚)・ジュースのセットが食べられます。だいたいこれが標準的な食事の価格でしょう。

安く済まそうと思ったら、サンドウィッチや屋台飯がいいでしょう。ぼくらがよく食べた露店のサンドウィッチはひとつ1リラ(40円)から。1個じゃたりないので、腹の空き具合に合わせて2〜3個食べてました。

こんないろいろ詰まったサンドウィッチもありますし、もっとシンプルなサンドウィッチも。

食生活

こういう豆料理も多い。この豆がまたうまいんだ。肉や魚もいいけど、ペルー行ったら豆を食べよう。

これがつくづく日本人に合う! ペルーの食事はうまいです。南米で知り合ったほかの旅人に聞いても「飯はペルーがうまいねぇ」という人が多い。

なぜか知らないが、前菜のスープにしっかり麺が入っている。正直麺はそんなにうまくない。でも残すのが悪くて、一応食べる。すると腹が一杯になり、メインの米や肉が食べられなくなる……。

こうやって見ると日本で食べる煮魚みたい。

昼夜の定番としてはスープ・おかず・ご飯のセットがあります。スープは野菜と豚肉などを煮た黄金色をしたさっぱり目の味。トウモロコシや芋が転がっています。ご飯は日本と違って塩を入れて炊いているのか、ちょっと塩っぽい。でも白い飯という意味では食べやすいでしょう。おかずはいわゆるビフテキのようなものや、豚の煮込み、肉野菜炒め、魚のフライ、魚の煮込みなど。ちょっとしたスパイスが利いていて、どれを食べても日本人好みかと。

腹が減ったときの好物はこういう肉野菜炒め。タマネギが大好きなのでたまりません。

ただねぇ。とにかく量が多い。そして芋・米を山ほど食う。だから当然、みんな太っている。肥満大国と言えばアメリカ合衆国を指すでしょうが、ぽっちゃり大国といえばペルーでしょう。本当、男女みんなぽっちゃりしてる。

料理自体は極端に太りやすいものではないと思います。それを言ったら中華料理の方がよっぽど太りやすいでしょう。とにかく量が多い。ありゃ太りますわ。

ぼくの中でペルーと言えば、実は「ぽっちゃり大国」という印象でした。

まぁ、とにかく食べ物は種類も豊富です。比較的好きで、よく食べていたのが下の鶏出汁の麺料理。夫婦揃ってスープものが好きだったりするので、スープのうまいこういう料理はハマるんですね。

鶏肉は固くなっていて、ゴムのようだったけどスープはうまかった。スープを飲むために食べた麺。

ペルーって漢字で書けますか?

日本は世界中の国に漢字を当ててますよね。例えば

  • アメリカ = 亜米利加、米国
  • フランス = 仏蘭西
  • ドイツ = 独逸
  • イギリス = 英吉利、英国

などなど。まぁ、言ってみりゃ当て字ですがね。これのペルー版を見るとちょっと恥ずかしいんですね。

ペルー = 秘露

「秘密の秘」に「あらわの露」。秘密の部分があらわに!

南米は果物がうまいしやすい。ジュースなんて100%のほうが安いくらい。毎日100%のフルーツジュースを飲める旅だ。

こうして南米の旅が始まりました

大好きだったキューバとはいえ、ちょっと食生活には不満もあったんですね。とにかく食材のバリエーションが少ないので、結果として同じようなものを食べることが多い。とくに好きだったレストランが、なぜか突然閉店するという事故もあり、キューバ滞在の最後の1週間の食事はどこか不発だったのです。

そんな中でのペルーは救いの神でした。食事が豊富で、肉も魚も米もスープも麺もある。パンもあればお酒もある。どれもまあまあ安い。

好きな人はハマって何度も来るという南米の旅はこうして始まりました。

ちなみに!

振り買ってみると食べ物のことばかり書いていますね。他の国の食べ物についての記事もどうぞ。

日本じゃ洒落っ気のある食べ物ですが、本場イタリアでは違うのです。
バーニャカウダ誕生の地でバーニャカウダは日本でも食べるよ、と伝えたら……

そもそもスーフィズムってご存じですか?
始めて出会ったスーフィズムの人に食事を頂きにお邪魔しました

B級グルメってなんか変な魅力がありますよね。
ベルリンで雨が降ったら食べたいB級グルメ、カリーブルストを食す

ブログランキング・にほんブログ村へ