無計画の強み! 散歩してたらカーニバルに遭遇 ペルーの愉快なお祭り風景(動画あり)

ペルー・リマでの滞在は観光もせず、せいぜい宿の周辺を散歩するだけ、というグータラなぼくらでしたが、なんと偶然、大規模なカーニバルに遭遇してしまいました。その模様をご覧ください。

最後に動画もありますので、せっかちは人はそちらをどうぞ。


散歩していたら不思議な格好の人が

いつも通り、リマの旧市街の中心部を散歩してたときのことです。道端に不思議な格好をした人がちらほらといることに気が付きました。民族衣装? にしちゃ派手だし、普段はこんな格好の人は歩いていない。なにかの集まりに違いない。すぐに気が付きます。

どこか「なにかを終えたあと」という気配を漂わせる人も少なくありません。もしかしてどこかで見世物か、イベントがあって、終わってしまったのでしょうか? だとしたらリマに滞在しておいて、ずいぶんもったいないことをしてしまった気がします。

音楽隊までいるようです

写真だと分かりづらいですが、音楽隊までいるようで、名残を惜しむように太鼓を叩いている人がいます。もしかして本当に政が終わってしまったのでしょうか?

凄い格好、凄いメイク、もしイベントを見逃していたとしたら、悔やまれます。

まだやってた!

リマ旧市街の中央広場に行くと、終わっているどころか、絶好調の祭りの気配。観客も多ければ、踊っている人も多い。道を閉鎖しての大カーニバル! 踊っている人たちもグループごとに格好がぜんぜん違います。

日本でも町ごとに神輿の形がちがかったりかけ声が違うなんてありますので、もしかするとこれもそういうものなのかもしれません。ぜひ写真で比べていってください。

こんな感じのセクシーな女性ダンサーグループもいれば、

マスクまで被ったいかついグループも。

もはや人かどうか分からないグループもいます。オズの魔法使いにでも出てきそうです。

シンプルなはずなのに、なぜかかなりの存在感のおばちゃんグループ。

こういう女性たちのグループが一番目に優しいですね。

動画はこちら。

流れている音楽を聴く限り、南米に古くから伝わると言うよりも、南米伝統の文化とスペイン領時代に入ってきたヨーロッパ文化のミックスなんでしょう。文化が時代で変化し、合わさり、また分裂し、洗練されていく。その一瞬を垣間見たような気がします。

偶然って楽しい

あれこれ調査して、計画して、上手に旅をすることはできるのでしょうけど、ぼくらにはこうやってブラブラしながら出会ったおもしろいものを見るのが性に合っているようです。

それにしても楽しそうな人を見ていると、こちらまで楽しくなってしまいますよね。

ちなみに

他の国ではこんなお祭りに出会うことができました。

ベルリンのクリスマスイベント! ホットワインとザワークラウトがもう……
ベルリンには冬にいけ 絶対いきたい3つクリスマスマーケット

インドで有名なお祭りですが、ネパールでも大盛り上がりでした。
色彩豊かなインドのカラーフェスティバルをネパールで満喫!

ブログランキング・にほんブログ村へ