世界で最も治安が悪いとされるベネズエラに行くことに決めた5つの理由

これまで治安が悪い場所はできるだけ避けて旅をしてきました。そんなぼくらが世界で最も治安が悪いとされるベネズエラに行くことに決めたのには理由がありました。これから行こうと思っている人、行きたくないと思っている人に読んで頂きたいと思っています。


ベネズエラの治安が悪いのは本当?

もうこれはひと言で言うなら「本当」です。

ネットでいくらでも「世界で最も治安が悪い国はベネズエラ」という情報を見つけることができます。でも、ここではあえてベネズエラ入国後に知り合ったベネズエラ人女性から聞いたことをお話しましょう。

彼女は首都カラカスで家族と共に暮らしています。「夜、出歩くのは不安?」と聞くと「ちゃんと安全なところを知っているから大丈夫」と言いますが、彼女の言う夜は21時くらいをさします。22時を越えたら出歩かない、とのことです。

彼女に「危ない目に遭ったことある?」と聞くと、こんな答えが返ってきました。

「わたしはないけど、弟が部屋で寝てたら流れ弾が飛んできて、肩に当たった」

都市伝説でも、噂でもない、事実です。数年前のことだそうです。

ぼくらがベネズエラに行くことを決めた理由

これまで治安が悪いとされる場所からはできるだけ距離を置いていました。もちろん海外を旅するので、まったく安全な場所だけとはいきませんが、露骨に悪い場所は避けてきたのです。

そんなぼくらがベネズエラ行きを決めた理由を書いてみたいと思います。

1. 自然がキレイらしい

映画ジュラシックパークの原作的作品でもある、コナン・ドイルのロストワールドの舞台が、ベネズエラでした。ご存じですよね、あの大自然。

自然がキレイな場所ならやっぱり行ってみたい。そう思いました。

2. 行く町を選べば治安は悪くないらしい

国単位で見ると、ベネズエラは世界一治安が悪い国、と呼ばれています。が、その犯罪の20%は首都カラカスで起きているとか。

一方で、地方の小規模の都市では比較的治安は悪くないと、ベネズエラから出たばかりのバックパッカーから聞いたことは大きく背中を押しました。これを書いている今、メリダというベネズエラの町に滞在していますが、夜出歩かない、大金は持ち歩かない、カメラは外では見せない、など “当たり前” の防犯対策は講じていますが、とくに治安の悪さを目の当たりにはしていません。

周りで犯罪の気配も感じません。そういう意味では毎日ひったくりや強盗の被害者を目の当たりにしたベトナムの方が治安が悪そう。あくまで印象として、ですが……。

でも安全に見えるメリダでも、住民は高い防犯意識と危険意識を持っています。地元の人でもお金は分散して持ち歩くとか……。

3. 物価が安い


そのうち別の記事として取り上げますが、闇レートというものがあり、物価がひたすら安いです。いくつか例を挙げましょう。

  • オシャレなイタリアン = 100 〜 150円
  • その辺の普通のレストラン = 100円弱
  • 巨大ステーキや肉の盛り合わせなどの高級料理 = 200円
  • ビール = 17円
  • 広く静かな宿 = 300円弱(ふたりで)

つまり、まったく節約せず、良いホテルに泊まり、3食、高価な食事をしてもぼくらふたりで1000円もしません。この安さは貧乏旅のぼくらには魅力です!

例えば下の写真の料理の金額を見てください。これらはメリダの高級レストランの豪華な食事! 毎日食べてもサイフに優しい!

これで150円くらいでしょう。

 

ピザ100円ちょっとというところ。安いですね。

 

奥にうっすら山が見えますね

4. 山の中は涼しい

これはベネズエラに限りませんが、ベネズエラのメリダという町は標高が高く、山間にある町です。そのおかげで非常に涼しく居心地がいい。

暑いと何もかもやる気がなくなるので、できれば涼しい場所に避難したかったという気持ちがありました。

5. スペイン語教室

妻のMiaがスペイン語教室にしばらく通いたいという希望がありました。そうなるとスペイン語教室の授業料に加え、長期滞在する滞在費が必要になります。

ぼくもその間に小説を書いたりしたかったので、大賛成でした。しかしどうせ長くいるなら、居心地が良い場所が良く、前述の通り、ベネズエラの山間の町ならば、その希望に合うと思いました。

安くて、居心地が良い場所を探していたのですが、物価が安く、涼しいベネズエラのメリダは最高の立地でした。そしてそこにスペイン語教室がありそうだ、という情報があり、それもぼくらがベネズエラ行きを後押しした理由のひとつです。

つまり——

涼しくて、自然がキレイで、安くて、治安がそこまでヒドくないらしく、スペイン語教室に通うのにもってこいだった、とまぁ、そういうわけです。

良いことばかり書いていますが、どうしても書いておかなくてはいけないことは治安について。今いるメリダという町は治安が “まあまあ良い” だけで、決して安全でまったく気にせず生きていける、というわけではありません。

昼間なら自由に出歩けるし、町の人も凄く親切ですが、夜は出歩く気はしません。たまたま事件に遭遇していないだけで、いろいろ起きているはずです。地元の人に聞くと、昔は凄く安全だったけど、今はやっぱり危ない、とのこと。

お越しの際は十分な調査をすることと、カラカスを避けることを全力でオススメします。それでも来てみれば魅力もたっぷりのベネズエラ!

ブログランキング・にほんブログ村へ