寄稿:世界一周小説トルコ編「ぼくの旅はまだ終わらない」

連載中の世界一周小説のトルコ編が公開されました。


世界一周小説 トルコ編

【小説】 ぼくの旅はまだ終わらない

読んで気に入って頂けたら、下の投稿を「いいね」「シェア」して頂けると応援になります。

あとがき

みなさんクルド人ってご存じですか? トルコ・イラン・イラクをまたがるエリアに住む人たちですが、「クルド」という国は存在しません。実は存在した時期もあるのですが、なくなってしまいました。

なんだか国ができたり消えたり、と聞くと、まるで歴史の教科書を読んでいるような気がして、非現実的というか「過去のこと」というカタチで、頭の隅っこに追いやられてしまいますが、このクルドの問題は今も現在進行形です。

例えばこんなことを時々考えます。ぼくらはもう2年も旅をしていますが、もし日本に帰ろうとしたとき、何らかの外交政策の失敗で、国が失脚し、日本という国がなくなっていたら、どうしよう……、と。

日本人だけど、日本という国はない。

帰りたいけど、帰る国はない。

そしたら帰る場所はどこになるのだろう? そう考えて、この小説は書きました。

みなさまの考えるきっかけになれば、と思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ