マグニチュード7.8の大震災があった今だからこそ、美しきネパールのことを考えよう

4月25日、ネパールをマグニチュード7.8の大地震が襲いました。

この朝日の光景は、人生で1番美しかったと、迷いなく思うのです。

この朝日の光景は、人生で1番美しかったと、迷いなく思うのです。


美しきネパールが大変なことに

阪神淡路大震災は7.3、東北地方太平洋沖地震は9.0、それらと比較しても、恐ろしく、恐ろしく大きな地震です。日を追うごとに発表される死者の数が増えていき、今や5,000人を超えています。確信を持って言えることですが、この数はこれからも増えていくでしょう。

その理由は「とにかくネパールの田舎はアクセスが悪い」ということに尽きます。

そもそもネパールは山の国。ネパールに入国するためには

  1. 空路
  2. インドあたりから酷い山路を通っての陸路

しかありません(厳密には中国経路もありますね)。

だから各国の救助隊も入国に苦労し、また入国しても、被害状況の把握に苦労するわけです。

ネパールは大好きな国です。だから直球で言います。

みなさん募金をお願いします。

とはいえ、行ったことがない人は、なかなかそのすばらしさを理解しづらいだろうし、それが理解しづらいと、面倒で募金をする気になれないかもしれません。ぼくにできる数少ないこととして、できるだけ人の目に触れるウェブ媒体にネパールについての記事をたくさん書きました。

どうかこれらを読んで、少しでも「行ってみたいな」と思ったら、もしくは「おまえずいぶん記事書いたな」と思ったら、いつか行くときの旅行費用の一部だと思って、少し募金しませんか?

世界新聞 – 過酷な環境で美しく生きる人々がいる。震災前に出会った6人のネパール人を想う

Travelers Box – 【ネパール地震】大震災のニュースを見て私が振り返ること、やること〈募金のお願い〉

Spotlight – あなたも標高5,416mまで行ける! 10枚の写真で見るヒマラヤ・トレッキング

募金先は皆様に任せます。いろんな人がいろんなポリシーを持ち、いろんな機関を信頼していると思います。主要な例だけ挙げておきますね。

美しきネパールへの再訪を願って……。

ブログランキング・にほんブログ村へ