2年の旅を通して、ぼくらがEvernoteに保存してきた9個のもの

長く旅をしていて、1番使っているWebサービスはダントツでEvernote。2年の旅を振り返り、Evernoteに保存してきた9種類のものを紹介します。これから旅をする人はもちろん、「Evernoteをどう活用しようか?」と思っている人の参考になれば幸いです。

Evernoteには日々感謝しています。

Evernoteには日々感謝しています。


<ペーパーレス化>

世間じゃ「ペーパーレス」が流行っていますね。紙は場所も取るし、検索できないし、なくしてしまうかもしれない。「だからデータにして管理しよう」という発想です。長旅だと、もうペーパーレスは当たり前です。なにしろ持てる荷物はザック1つ分。

というわけでペーパーレスのための使い方から始めます。どれにも共通して言えることは「旅で紙の資料は100%ゴミになる」ということ。だって2年も旅していて、もらう紙を取っておいたら、それだけで大荷物になってしまいます。で、仕方なく捨てる。全然エコじゃありません。

だからとにかく鉄則は

  • できれば紙はもらわず、その場で写真を撮ってEvernoteへ
  • もらってしまった紙は、写真を撮って誰かにあげる

という感じ。できるだけゴミにしたくないですからね。といいつつ、やむを得ず捨てて来たものもたくさん……。

1. パンフレット

旅中でもらったパンフレットなんかはとにかく写真を撮ってEvernoteに放り込みます。本当は全部ファイリングして保存したいくらいなのですが、キリがないですからね……。

2. 地図

いわゆるGoogleマップ的な地図もそうですが、本や街の看板にある地図なんかも写真を撮って保存しておきます。Evernoteはスマホで見られるので、ガイドブックなんかを持ち歩かずに散策することができます。

3. 名刺・メモ

旅をしていると連絡先交換の場面がとにかく多い。友だちができたり、美味しいお店の名刺がほしくなったり……。できるだけ名刺は受け取らず、写真をとって返してしまいます。ビジネスじゃ失礼かもしれませんが、事情を説明すれば、相手はむしろ喜んでくれますよ。なにしろ名刺だってタダじゃないんですから。とくに名刺を持ち歩いている旅人の場合、名刺の数が有限なので、返してあげると喜びます。

写真でもらうメリットは、実はペーパーレス化だけではなく、ぼくらも夫婦で共有できるという点。みんな共通の知り合いになっていくので、名刺も共有したい。Evernoteなら簡単です。

4. チケット系

バスや電車のチケットは買った瞬間にEvernoteに保存します。これは便利であるというよりも、なくしてしまったときなどの対応のためです。なくさなければ良い話ですが、不安なので……。

また後で振り返ってみると、これが結構便利なのです。というのも「あれ? ネパールの国境超えたのいつだっけ?」みたいなとき、バスチケットを探せば確実。旅の思い出的にもちょっとおもしろいしね。

5. 見かけたポスターなど

街を歩いていて「あ、これおもしろそう」なんて情報を見つけたら、写真を撮ります。上の写真はインドのダラムサラというチベット亡命政府がある場所のチラシですが、入場無料でチベット情報を勉強できるイベントが紹介されていました。

こういうのもその場では興味がなくても写真を撮っておけば「やっぱり行きたいな」なんてときに便利です。

<Webクリップ系>

Evernote定番の使い方はWebクリップ。ネット見たものをEvernoteに保存しておけば、オフラインでも見ることができるというわけです。旅をしていると、1日のほとんどがオフラインなので、これは本当に便利なのです。

ぼくらは例えば、こんなものをクリップしてきました。

6. オンラインでの支払い情報やe-Ticket

飛行機や宿の予約など、ネットで支払いをしたときは必ず画面を保存します。「ぼくはたしかに払ったぞ!」と訴えるためですね。これすごく大事。

また、飛行機のe-Ticketは必ずEvernoteに保存。基本中の基本ですね。

7. 観光地情報

「インドに行ったら見たいもの」みたいな感じで、ネットで見つけた観光情報はクリップしておきます。特に住所や開店時間などが分かるページをクリップしておくと便利ですね。

また、行きたい場所をクリップしておくとリマインダーにもなるんですよね。ちょっと時間があるときなんかにEvernoteを眺めていると「あ! ここ行きたいと思ってたんだ。今行っちゃおうか」ってな具合に。

8. 宿情報

ぼくらはあまり宿の予約はしません。無計画だからとも言えますが、行ってから自分の目で見て決めたい、という気持ちもあります。かといって、本当に見当もつけずに行くと路頭に迷うんで、数軒の宿情報をクリップしておいて、それを頼りに探します。

地図と名前と連絡先が分かるページをクリップしておきましょう。

<メモ系>

Evernoteはクラウド・メモ・アプリとも言われるわけで、クリップだけじゃなくて、自分で書いたメモを保存するのにも凄く便利です。

9. やりたいことリスト

1番よく使う使い方は「やりたいことリスト」を作ることです。行きたい場所とかやってみたいものを一覧にしちゃいます。詳細情報なんかはWebクリップなどで保存しておきますが、ざっくり「これがしたい」というのが見えるのがポイント。

いかがでしたか?

旅をしてみてクラウドサービスというのは本当に便利だな、と日々痛感しています。よく使うクラウドサービスはEvernote・Dropboxなどが中心。その中でもEvernoteはもう圧倒的な利用頻度です。

いろんなものを「念のため」と保存してきて、それにすくわれたことも数知れず。極端な話、パソコンやスマホを盗まれても、他の人のパソコンやネットカフェからでもアクセスできるEvernoteは旅の救世主と言ってもいいくらい。

みなさんは何か工夫して使っていたりしますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ