結構 “良い宿の条件” を満たしているベネズエラ・メリダの宿 Posada Alemaniaのご紹介

ぼくらはベネズエラのメリダという町に3ヶ月近くも滞在しています。町の居心地が良いことも当然ですが、宿の居心地もGood。これからメリダに来る人はもちろん、「良い宿とは?」という視点でも参考になるように滞在している宿を紹介します。


場所はメリダのセントロ

スペイン語と英語っていろいろ被るので、スペイン語が下手なぼくでも何となく分かるときがあります。セントロって言葉はまさにそういう単語の例ですね。英語で言うセンターという意味です。

ぼくらの泊まっている宿の名前は Posada Alemania で、まさにメリダ州のセントロに位置します。

住所:AV.2 independecia con Calle 18 Fernandez

非常にアクセスが良い場所でして、世界一標高差があるというロープウェイも、世界一種類が多いとされるアイスクリーム屋さんも徒歩圏内です(アイス屋は10〜15分くらい歩きますが)。

(参考)
ギネス認定! 世界一種類が多いアイスクリーム屋はベネズエラに! まさかのあの味も
世界最大の高低差を誇るケーブルカーがベネズエラにあった! さっそく行ってみます

そのくせメインストリートである3番通りや4番通りから1本離れた2番通りなので、あまりうるさくもありません。これすごく大事。

ベネズエラの宿の全般に言えることですが、外から見るとあんまり華々しく見えないんですね。すごく地味で薄暗い印象を持つかもしれません。

というのも入り口はこんな感じなんです(内側から見ています)。防犯上必須である鉄格子、細長い通路。決して明るい雰囲気ではないかもしれません。だけど、物怖じせず入ってみましょう。なかなか良い宿なのです。

入ってみると奥に庭が見えますね。ベネズエラや南米の国々では道路に面した場所ではなく、庭は敷地の内側にあるのが普通です。要するに中庭ですね。思い返してみるとドイツなんかもそうだったかな。

この宿は両替やツアーの紹介もやっています。ちなみに両替のレートに関しては、比較的良心的だと思います。最高値を付けてもらえるわけではありませんが、その時のレートを見て、無難な価格設定をしてくれているようです。まぁ、これは不安なら自分でいろいろ比較してみてください。ツアーの方は参加していないので、コメントできませんが、行った人は「良かった」と言っていましたよ。

この宿のいいところは “憩いの場” が多いこと。入り口の通路を抜けると、こんなスペースがあり、

こんなスペースもあります。雨期なんかは夕方以降ずっと雨なので、こういう屋根付きのリラックススペースがありがたいのです。ぼくはここで一日中ブログや小説を書いています。

本棚に日本人の気配。地球の歩き方も置いてありました。

庭も緑が多く、花も多く、手入れが行き届いています。長く滞在している中でオーナーファミリーが土いじりをしている場面を何度も見ました。たぶんお気に入りの花壇スペースなのでしょう。

ちなみに画面左下にいる黒点は猫です。ふてぶてしいデブネコです。ふてぶてしいくせに、寂しがり屋で人の足下で寝たがります。昼間はずっと寝ています。朝夕だけ活発。

ここは本当に家族経営で、お母ちゃんと息子・娘が中心となり、掃除なんかをする御手伝いさんがほぼ常駐しています。本当に花が好きみたいで、あっちこっちに植木鉢が!

日々成長を見るのも楽しいです。

多いのは植物だけではなく、動物も。みんなのアイドル、ネヴァーダ(犬)。

宿中を縦横無尽に行き交う亀(なんか、涼しすぎるとかで、最近どこかに運ばれていったきり帰ってきません……)。ちなみに亀はたくさんいました。

そして先ほどの猫。

宿の奥に行くとハンモックスペースがあり、

洗濯スペースがあり、

そしてなにより、景色がいい!

そんな Posada Alemania はいかがでしょうか?

良い宿の条件

この宿は比較的良い宿の条件を満たしています。

共有スペースが豊富で、居心地が良く、掃除も行き届き、静か。あれだけ植物が多いのに、葉っぱが落ちていないのが凄いと思います。

洗濯スペースや物干し場も豊富です。これもバックパッカーには嬉し限り!

天気のいい日に木陰のハンモックで読書なんて最高ですよ。

ちなみに料金については、ご自分でご確認ください。ベネズエラの物価が急上昇中で、ぼくらの滞在中にも値段が2度ほど改定されています。だから今の値段を参考にしても、おそらくまた改訂されてしまうでしょう。

あれこれ比較したわけではないですが、たぶんこのあたりの最安値では無いものの、高い方でもないというところでしょう。参考までに2015年5月25日時点のぼくらの部屋(ダブルベッド、トイレ・バスなし)は800ボリバルです。

メリダにお越しの際はどうぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へ