いつかまた長旅をするなら絶対にやる4つのこと

あけましておめでとうございます。

2年4ヶ月という長い旅を振り返り、「ああすれば良かった」と後悔することもあります。これから旅をする人にぜひ参考にして欲しいという思い込めて「いつかまた旅をするならやること」を4つ紹介したいと思います。


1. 旅先の勉強は狭く深く

ぼくは旅の前に「世界の歴史」的な本を読んで、なんとなく勉強した気になって出発しました。しかし、これは大きな間違い。やるべきことは狭く深く勉強することでした。

たとえ何十ヶ国に行くにしても、その中で1つ2つは特に気になる国があるはずです。その国について、ちゃんと深く掘り下げて勉強しておいてください。

どんな本を読むか? 好きなものでいいです。1冊ではなく、たくさん読みましょう。

料理に興味があるなら、その国のレシピ本、料理を切り口にした歴史本、グルメ系のエッセイもいいでしょう。その土地の伝説・神話などを読むのもいいし、民俗学的な本もおもしろい。普通の歴史本を見てもいいでしょうし、そのエリアを旅した人の旅行記でもいい。

その国の小説を読むのもありです。

ぼくらは『シナン』という夢枕獏さんの小説を旅の途中で読みました。トルコの天才建築家の話です。実話ではなく、半分創作の物語ですが、それでもトルコに着いたときの感激や興味はかなりのものでした。

ヒマラヤ山域を歩いたときに『チベット旅行記』という本を読みましたが、これも最高に旅を引き立ててくれました。

とにかく行く先の気になる国について、たくさん本を読んでおけ! と言いたい。

2. メモを取れ

とにかくメモを取りなさい。

人の記憶は曖昧なもの。テストが終わった途端に、テスト範囲のことをすべて忘れちゃった、なんて経験は誰でもあるはずです。

人の名前。「凄いお世話になったから、一生忘れない!」なんてその時は思っていても、今振り返るとあだ名しか覚えてなかったりします。他にもその人の年齢や好物、口癖、特徴など気付いたことはメモっておきましょう。

値段。インドのカレーっていくらだっけ? ミャンマーのカレーとどっちが高いだろう? そんなことだって立派な思い出になります。

行った村の名前。ブラブラ散歩していて偶然辿り着いた、小さな小さな村。すごく好きな村だったんだけど、今振り返ると「あの村の名前なんだっけ?」なんてことになります。事実、村名を忘れたぼくは、Google Mapを見ながらブラブラ歩いた道を辿り、村を探し当てた経験が……(歩いた道を覚えている自分に感謝!)。

食べたもの、飲んだもの、汚い字で走り書きでいいんです。できればその時の気持ちも書いておくといい。「甘くておいしい!」とかその程度でもいい。その時のあなたの感情は絶対にGoogleで検索できないのですから。

いつかまた旅をするなら「小さなキャンパスノート(ポケットに入るやつ)」を何冊も持っていくと思います。で、いっつもポケット入れておいて、すべてメモる。安いノートをたくさん。これがいい。

3. コンパクトなカメラがいいかな

これは少し迷う話ですが、ぜひ考えて欲しいです。

せっかくの長旅。一眼レフを持って行きたいという気持ちは分かります。ぼくも持って行きました。だけど後悔もあります。

  1. 「ちょっと朝ごはんを食べに行く」みたいな場面では、重くてつい宿に置いて行ってしまう。
  2. 治安が悪い場所だと、一眼レフを首に掛けて歩けない

そうなると、持ち運びやすいときだけ写真を撮るようになる。でも、持ってないときに限って撮りたいものが出てくるんですよね。

そして壊れるときは壊れます。高価なものだと買い換えるのが辛い。

最近だと安価なコンデジも画質がいいです。コンデジの代わりにスマホという意見もあると思いますが、充電切れと盗難が怖い。スマホは結構狙われますから。

4. 荷物は安く安く

できるだけ荷物は安物で揃えましょう。

「人生で1度の長旅だからお気に入りの道具で」という気持ちは分かります。悪いことは言いません。安物で揃えておきましょう。

壊れます。

盗まれます。

例えばぼくは登山用のけっこういい寝袋を持って行きました。いいやつを使っていると、どうしても気を使います。干すときに「絶対に穴が空かないように」とか「盗まれないように」とかキリがない。

それなら安物で揃えて「最悪でも買い換えればいい!」と割り切った方がラク。

前述のカメラもそうです。10万円の一眼レフを持って行くより1.5万円のコンデジの方が精神的にラク。買い換えても3万円ですから。

あえて言うと、寒いときに着るインナーや毎日背負うザックは良いものを使って良かった、と満足しています。

ほかにもあるけど、まずはこんなもの

この4つはぜひこれから旅をする人に知っておいて欲しいことでした。

ほかにも後悔というか、「今ならこうする」と思うことはありますが、まずはその中でも入門編というか、基礎的な内容をご紹介しました。

みなさんは旅のやり方で後悔したことはありますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ